【私が通訳になるまで11】通訳になりたい...けど

山下えりか 通訳になる ブログ 11

 こんにちは、東京在住英語同時通訳者の山下恵理香です。Skypeでオンライン英語指導オンライン通訳訓練講座も提供しています。 

 

 久々の私の英語歴の更新です。シリーズ第11回目の今回は、私が通訳者になりたいと思い始めた頃のお話です。

 

 同級生よりも1年遅れて高校を卒業した後、私はカンザス州のウォッシュバーン大学に進学しました。この大学に決めた理由は、英語の環境で勉強をしたかったことと、高校留学の事前研修でお世話になったホストファミリーがいたからということと、同じく高校留学の時に見たカンザスの見渡す限りの地平線が忘れられなかったからです。

 

 高校留学初日、カンザスシティ空港から協会の迎えのバスに乗りました。長時間のフライトと緊張の疲れに時差ぼけも重なり、ほぼ全員が爆睡。静かなバスの中でふと目を開けると、夕焼けに染まる地平線が視界いっぱいに広がっていました。

 

 私がアメリカに恋をした瞬間。今でも鮮明に覚えています。

 

 さて憧れの土地カンザスでの大学生活。実は英語学習・英語歴という意味ではこの2年間、あまり特筆することはありません。大学生活を何とかこなせる程度の英語力はこの時点で備わっていたため、中学、高校留学、高校に比べて英語力の伸びはあまりありませんでした。

  

 転機が訪れたのは大学での2年目が終わり、夏休みで帰国した時でした。

 

 その頃私は、何となくでしたが卒業後のことを考え始めていました。当時アメリカで大学を卒業した留学生には、1年間就労資格が与えられると聞いていました。その1年間の間に就労ビザを自力で取れば、そのままアメリカで働くことも可能だと。しかしながら私は、働くなら日本が良いと考えていました。アメリカはとても好きでしたが、長く住むなら日本がいいと。でも英語からは離れたくないと。

 

 そんな中で最初は漠然と、通訳者になりたいと思うようになりました。英語が好きで高校留学をして、英語が好きでアメリカの大学を選び、英語が好きだから英語から絶対に離れない職業を選びたかったからです。

 

 そう思ったのが夏休み前のこと。帰国前に通訳についてネット上で様々な情報をかき集め読み漁り、通訳学校の存在を知りました。フリーランス通訳者を、それも同時通訳者を目指すのなら、専門の訓練を受ける必要があることを知りました。

 

 帰国後すぐ、興味を持った通訳学校の資料を取り寄せました。資料を読み、その時の自分の状況を考え、すぐに「無理だ」と諦めました。そもそも私の地元静岡には通訳学校など無く、近くても東京か名古屋でした。週2日の授業とは言え、通うには新幹線代がかかります。大学もまだ途中でした。その時点で通訳者はまだ「一番に浮かんだ選択肢」に過ぎないと思っていたので、諦めたと言うよりは、考えるのを止めました。

 

 

 

コメントやご質問はお問い合わせページからお願いします。

 

オンライン英語指導オンライン通訳訓練講座の詳細につきましてはそれぞれのページをご参照ください。

 

次の記事:【私が通訳者になるまで12】初のTOEIC受験と結果と決断

前の記事:コビトさんのスケジュール帳

 

お薦め記事:通訳になるには?通訳に向いている人・向かない人

 

 

ブログトップ

 

<カテゴリー>

2018年

2017年

2016年

2015年

通訳スキル16/通訳工場のコビトさん

私が通訳者になるまで

通訳学校/サイマルアカデミー

英語学習

仕事

英文記事

雑記

聴くブログ

 

 

【About Erika】

職業:英語同時通訳者(個人/フリーランス)

現住所:東京

留学歴:3年(アメリカ)

特技:柔道(初段)、ピアノ(弾き語り)

趣味:料理、お菓子作り、食器屋巡り

楽しみ:正月の箱根駅伝、2か月に1度の大相撲観戦(テレビ)、年に数回の柔道国際・国内大会テレビ観戦、年に数回のブロードウェイミュージカル日本公演、不定期の札幌旅行