スカイプ通訳講座と英語レベルチェック&学習アドバイスの舞台裏

 

 こんにちは、東京在住英語同時通訳者の山下えりかです。Skypeでオンライン英語指導オンライン通訳訓練講座も提供しています。 

 

オンライン通訳講座 英語レベルチェック 山下えりか

 

 毎回ブログ記事の冒頭に書いている通り、私は本業である通訳業の傍らスカイプを使用したオンラインの英語講座と通訳講座、また英語や通訳に関する学習相談を開講しています。そしてこれらのページを実際にご覧になったことのある方のほとんどは、その受講料に驚かれたことでしょう。1回1時間1万円(+税)の授業料は高すぎる ― それが一般的な反応ではないかと思います。

 

 しかしながらこの1回1時間1万円という受講料には、相応の理由があります。今回は開講中の講座の中でも人気が高い、レベルチェック&学習アドバイス通訳講座の舞台裏から本番までをご紹介したいと思います。

 

レベルチェック&学習アドバイスの場合

 

1.念入りな事前聞き取り

 お申込みの時点でお申込みページにある質問票にご回答いただき、必要に応じてメールで追加の質問をお送りします。相談者の方が求めるもの、また目標達成に必要なものを事前に可能な限り把握するための作業です。

 

2.レベルチェックと目標達成に必要なことの洗い出し

 レベルチェック当日は事前情報と照らし合わせながらパフォーマンスを分析し、課題や必要な勉強法を洗い出します。

 

3.口頭アドバイスまたは書面個別の学習プランの作成

 口頭アドバイス希望の方にはレベルチェック後の30分間を使い、レベルチェックで見えた課題やおすすめの勉強法をお伝えします。時間内であればご質問にも制限なくお答えします。書面の個別学習プラン希望の方には1週間以内に詳細な分析とそれぞれの課題克服のために必要な勉強法をまとめたPDFファイルをお送りします。送付後2回まではメールでのご質問への回答を約束しています。3回目以降は余裕がある場合のみ対応しています。

 

 

通訳講座の場合

 

《初回レッスンまで》

 

1.念入りな事前聞き取り

 上記レベルチェック&学習アドバイスと同じ。

 

2.レベルを予測し初回レッスンの教材を決定

 初回は通訳スキルチェックも兼ねているため、いくつかの初回用教材の中から選択します。

 

3.レッスン実施&個別レッスンプラン作成

 初回レッスン実施後、改めて個人のニーズに合わせたレッスンプランを作成、ご提案します。

 

 

《個別通訳教材制作(2回目以降)》

 

 受講生の通訳スキルに関するニーズは、今勤めている会社で通訳ができるようになりたい、将来様々な分野で通訳をしたい、医療通訳の練習をしたい、通訳の試験対策をしたい等、事情により様々です。そして英語レベルも通訳技術のレベルもそれぞれに大きく異なります。そのため私の講座では、受講生ひとりひとりに合わせた教材を制作しています。内容やレベルによっては同じ教材を複数の受講生のレッスンに使用する場合もありますが、あまり多くはありません。

 

1.受講生が伸ばしたい分野の素材探し

 それぞれの受講生に必要な教材の素材を探します。ニュース記事を基に作ることもあれば、You Tubeの動画をディクテーション(文字おこし)して作ることもあります。

 

2.通訳教材として使いやすいように編集

 集めた素材を、リテンション&リプロダクション演習用にそれぞれの文章を丁度いい長さで切ったり、要約演習用に1分~1分半の長さにそろえたり、各自のレベルに合わせて通訳しやすい内容に編集したりします。

 

3.お手本用の訳付け

 レッスンの演習中に受講生に整ったお手本を聞かせ必要な表現を学んで貰えるよう、通訳教材には予めお手本の訳をつけます。

 

4.読み上げ練習

 レッスン当日に受講生の聞き取りの妨げにならないよう、全ての教材を滑らかに読み上げができるまで声に出して練習します。

 

※これら全てをこなすと、ひとつのレッスンの準備に平均して半日から1日の時間がかかります。

 

《本番》

 

1.前回使用教材の復習

 

2.基礎演習(リテンション&リプロダクション、要約)

 

3.通訳演習

 

4.フィードバック

 

 

《レッスン後》

 

1.復習用教材スクリプトの送付(可能な場合のみ)

 

2.パフォーマンス分析に基づき必要に応じてレッスン内容改善の提案

 最も多いのはリテンション&リプロダクションが苦手というケース。この場合は短期記憶を強化できるメニューを提案しています。

 

以降《教材製作》から繰り返し。

 

 以上、私のオンライン講座の人気コンテンツであるレベルチェック&学習アドバイスと通訳講座の舞台裏から本番までの流れをご紹介しました。これらの作業全て込みで、1回あたり1万円をいただいております。英語講座については、通訳講座とはレッスンプランの内容や教材の作り方は異なりますが、ひとりひとりに合わせたレッスン内容と教材を用意している点は同じです。

 

 繰り返しになりますが、私の講座はどれも受講生ひとりひとりのレベルとニーズに合わせて提供しています。そのため1回のレベルチェック、1回の通訳レッスンに、これだけの時間と労力をかけて準備をしています。また高額の受講料に見合う価値の授業を提供できるよう、毎回真剣勝負だと思って臨んでいます。「気楽に1時間教えて1万円」などということでは決してないことをご理解いただきたく存じます。

 

 また【私が通訳になるまでシリーズ】でも書いている通り、私が中高の英語教育から留学を経て磨き上げた英語力や、サイマルアカデミーで身に付けた通訳の基礎技術や訳す技術は、決して安売りできるものではありません。そして私の講座に価値を見出しこれまで受講してくださった受講生の皆様のためにも、今後も受講料の値下げは考えておりません。

 

 通訳者として英語講師としてこれまでに培ってきた全ての知識と経験を駆使し、相談者や受講生の求めるものをこれからも提供して参ります。受講のご検討に際し、ここに書いたことも気に留めていただけたら幸いです。

 

 

 コメントやご質問はお問い合わせページからお願いします。

 

オンライン英語指導オンライン通訳訓練講座の詳細につきましてはそれぞれのページをご参照ください。

 

【About Erika】

職業:英語同時通訳者(個人/フリーランス)

現住所:東京

留学歴:3年(アメリカ)

特技:柔道(初段)、ピアノ(弾き語り)

趣味:料理、お菓子作り、食器屋巡り

楽しみ:正月の箱根駅伝、2か月に1度の大相撲観戦(テレビ)、年に数回の柔道国際・国内大会テレビ観戦、年に数回のブロードウェイミュージカル日本公演、不定期の札幌旅行