【私が通訳になるまで1】英検5級不合格から

 こんにちは。小6で英検5級に落ちた、英語同時通訳者の山下恵理香です。Skypeでオンライン英語指導オンライン通訳訓練講座も提供しています。

 

 今回からは自己紹介を兼ねて、私の英語歴について書こうと思います。今更などと思わずに、どうぞお付き合いください(笑)

  

 私が初めて英語の勉強をしたのは、小学校4年生の頃。近所の英語塾に通ったのが最初でした。コビトさんのイラストを描いてくれた田中ゆかさんも、一緒に通った元塾生です。

 

 ここでは主にゲームを中心に、テキストを使った簡単な会話のレッスンをしていました。小学生が対象の英語塾だったので、6年生で卒業。その卒業記念ということで、塾生全員で英検5級を受験しました。

 

 私の結果は不合格。クラスの大半が合格だった中、不合格の通知は子供ながらにショックでした。ああ自分は英語はできない子なんだと思いもしました。だからと言ってそう引きずることもなく、まあこんなもんかと受け流しました。

 

 話はそれますが通訳学校に入ったばかりの頃、クラスメイト(TOEIC985、英検1級保持者)に過去に英検5級に落ちた話をしたところ、「英検に5級ってあるの!?」という反応が返ってきました。確かにかつてそのレベルだった人間が通訳者を目指す日が来るなんて、誰も想像できませんね(笑)

 

 さて中学に入り英語が学校の科目に入っても、特に何も思いませんでした。アルファベットを書く練習や英語での挨拶などは既に英語塾でやっていたので、知っている分少し楽だな、くらいには感じていたものの、(3年間塾代を出してくれた両親には申し訳ないですが、)自信を持って「超得意!」と言えるほど、英語が身についていたわけではなかったので。

 

 ただ英語塾の流れから、当時の講師の先生(日本人)に英語だけ家庭教師をお願いしていました。同じ時間にゆかさんも私の家に来て、一緒に教わっていました。先生に家庭教師をお願いしたのは英語ができないことへの危機感からなどではなく、仲良くなった先生にゆかさんと一緒に英語を教わるのが目的で、週に1時間の、のほほんとしたお勉強タイムでした。

 

 しかし最初の定期テストで、少し意識が変わりました。英語の点数が50点満点で49点。他の教科も意外にも点数が良く、5教科の総合点が学年125人(だったはず)中10位という結果でした。

 

 1年生の最初のテストはあまりあてにならない、その後伸びる子はすごく伸びてくるし、最初に上位の子は伸びないこともある、と聞いていましたし、私は英語以外家庭教師もいなければ塾にも行っていなかったので、喜びはしましたがこの先どうなるか分からないという気持ちの方が大きかったです。

 

 とは言え競争好きな性格でしたので、次の試験でも良い点、良い順位が取りたいという気持ちから、次からもテスト勉強は頑張りました。その結果次の試験では11位。3学期は少し油断して順位を落としたものの、2年生に上がってからは良いライバルに恵まれ、一桁台の常連になりました。

 

※自著《初心者のための英語学習ガイド~「英語をしゃべりたい!」と思ったらいちばんはじめに読む本》では、私自身の英語学習の経験に基づき、使える英語を身に付けるための方法を解説しています。詳細は下記画像またはAmazonのボタンからご確認ください。 

 

 

 

コメントやご質問はお問い合わせページからお願いします。

 

オンライン英語指導オンライン通訳訓練講座の詳細につきましてはそれぞれのページをご参照ください。

 

次の記事: Thanks 2015

前の記事: Merry Christmas (Eve)

 

シリーズつづき:【私が通訳者になるまで2】スピーチコンテストと自己流勉強法

 

お薦め記事: 小6で英検5級に落ちた、同時通訳者です。

 

 

ブログトップ

 

<カテゴリー>

2018年

2017年

2016年

2015年

通訳スキル16/通訳工場のコビトさん

私が通訳者になるまで

通訳学校/サイマルアカデミー

英語学習

仕事

英文記事

雑記

聴くブログ

 

 

 

【About Erika】

職業:英語同時通訳者(個人/フリーランス)

現住所:東京

留学歴:3年(アメリカ)

特技:柔道(初段)、ピアノ(弾き語り)

楽しみ:正月の箱根駅伝、2か月に1度の大相撲観戦(テレビ)、年に数回の柔道国際・国内大会テレビ観戦、年に数回のブロードウェイミュージカル日本公演、不定期の札幌旅行